仏GDP、第4四半期はデモで伸び半減へ

仏国立統計経済研究所(INSEE)は18日、2018年第4四半期(10~12月)の国内総生産(GDP)の伸び率が前期比0.2%と、前期の0.4%から半減するとの見通しを明らかにした。11月に始まった反政府デモの影響が大きいほか、国際的な貿易紛争により企業景況感が悪化しているため…

関連国・地域: フランス
関連業種: マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

ゴーン氏、会社法違反で東京地検が追起訴(04/23)

AGC、ハンガリー工場の生産能力拡大(04/23)

エンジー、米エムコア・グループの買収検討(04/23)

4月は過去3カ月で最低 ユーロ圏総合PMI速報値(04/23)

仏黄色いベスト運動、聖堂再建の寄付金批判(04/23)

キングスパン、ベルギー社の2事業に買収案(04/18)

アグリコル、西サンタンデールと事業統合へ(04/18)

欧州新車登録、3.9%減少 主要5カ国が軒並み不振=3月(04/18)

マクロン大統領「5年でノートルダム再建」(04/18)

自動車産業の「命取り」になりうるCO2規制 <連載コラム・自動車産業インサイト>第33回(04/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン