仏GDP、第4四半期はデモで伸び半減へ

仏国立統計経済研究所(INSEE)は18日、2018年第4四半期(10~12月)の国内総生産(GDP)の伸び率が前期比0.2%と、前期の0.4%から半減するとの見通しを明らかにした。11月に始まった反政府デモの影響が大きいほか、国際的な貿易紛争により企業景況感が悪化しているため…

関連国・地域: フランス
関連業種: マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

エアバス、A380生産終了へ エミレーツの発注取り消しで(02/15)

トルコ自動車生産、1月は11.6%減少(02/15)

ユーロ圏成長率、0.2%を維持 ドイツは景気後退入りを免れ(02/15)

自動車ルノー、通期は35%減益(02/15)

仏政府、EV用電池産業に7億ユーロ投資へ(02/15)

フィアットとPSA、小型商用車の合弁延長(02/15)

クレディ・アグリコル、通期は2.5倍に増益(02/15)

独高級車3社、1月はBMWが好調(02/15)

エア・リキード、通期は4.2%増益(02/15)

三菱商事、オーヴォ・エナジーの20%株取得(02/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン