実質賃金、第3四半期は1.5%上昇

ドイツ連邦統計庁が20日発表した賃金統計によると、2018年第3四半期(7~9月)の実質平均賃金は前年同期比1.5%上昇した。伸びは第2四半期の0.5%から加速し、過去2年で最大となった。また、この間のインフレ率は2.1%と、2012年第3四半期以降で最も加速している。 物価調整…

関連国・地域: ドイツ
関連業種: 建設・不動産電力・ガス・水道メディア・娯楽マクロ・統計・その他経済雇用・労務社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

シーメンス、独東部工場に官民共同で新施設(07/16)

PSAの販売台数、上半期は12.8%減少(07/16)

仏独英、米・イランの緊張緩和へ共同声明(07/16)

アマゾン独従業員、年次セールに合わせスト(07/16)

ダイムラー、3D眼鏡でデジタル操作を試験(07/16)

ヘラー、中国・一汽集団と戦略的提携(07/16)

VWの中国合弁、ジェッタのSUVが完成(07/16)

独国民の6割、メルケル氏の体調は個人事情(07/16)

VWとフォードが提携拡大 自動運転車とEVで技術融通(07/15)

独高級車3社、メルセデスがまたもマイナス(07/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン