アルセロールミタル、印で製鉄所を新設へ

鉄鋼で世界最大手のアルセロールミタル(ルクセンブルク)は、インド東部オディシャ(オリッサ)州パラディープで年産能力300万~600万トンの製鉄所を新設する計画だ。エコノミック・タイムズ電子版が29日伝えた。 アルセロールミタルは、インドのコングロマリット(複合企業)エ…

関連国・地域: ルクセンブルクアジア
関連業種: 鉄鋼・金属金融マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

ティッセンとタタ、統合改善策の提示を延期(03/22)

A・ミタル、エッサール再建計画が印で承認(03/15)

生活の質ランク、ウィーンが10年連続首位(03/14)

EU、内部告発者の保護強化で暫定合意(03/13)

金融機関の英国外移管資産、9千億ポンドに(03/13)

ブルガリアの新ガス導管、3グループが応札(03/11)

【ウイークリー統計】第32回 運輸部門の再生エネの割合と乗用車の燃料(03/07)

ビールのABインベブ、グデ会長が辞任(03/07)

ウクライナ経由のガス輸送継続も=露首相(03/06)

ブラブラカー、独で長距離バスサービス展開(03/04)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン