オランダ鉄道、ホロコースト生存者へ賠償

オランダ鉄道(NS)は、第2次世界大戦中のナチスによるホロコーストの生存者や遺族への賠償に向け、専門の委員会を立ち上げることで合意した。ユダヤ人の収容所への輸送に加担した責任を取る格好だ。BBC電子版が28日伝えた。 委員会の設置は、ナチスの強制収容所で両親を殺…

関連国・地域: ドイツオランダポーランド
関連業種: 運輸社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

金融機関の顧客満足度、首位はレギオバンク(06/18)

EU、北マケドニアの加盟交渉開始を承認へ(06/18)

ユーロ圏求人率、第1四半期は2.3%で横ばい(06/18)

OCI、UAE社と肥料合弁会社を設立へ(06/18)

ユーロ圏共通予算骨子で合意 財源や予算規模で協議継続(06/17)

エア・リキード、蘭メディディスを買収(06/17)

駐在員の生活費、欧州首位はチューリヒ(06/17)

アイリスオーヤマ、パリ南東郊の工場が竣工(06/17)

オランダ、租税回避見直しで委員会設置へ(06/14)

ユーロ圏鉱工業生産、4月は0.5%減少(06/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン