オランダ鉄道、ホロコースト生存者へ賠償

オランダ鉄道(NS)は、第2次世界大戦中のナチスによるホロコーストの生存者や遺族への賠償に向け、専門の委員会を立ち上げることで合意した。ユダヤ人の収容所への輸送に加担した責任を取る格好だ。BBC電子版が28日伝えた。 委員会の設置は、ナチスの強制収容所で両親を殺…

関連国・地域: ドイツオランダポーランド
関連業種: 運輸社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

アムステルダムの飾り窓地区が営業再開(07/03)

オランダ鉄道、今後数年で2300人整理へ(07/02)

シェル、最大220億ドルの減損損失を計上へ(07/01)

タタの蘭製鉄所でスト再開=人員削減巡り(06/30)

メルケル首相、マクロン仏大統領と会談(06/30)

KLM航空、オランダ政府が34億ユーロ支援(06/29)

オランダ、7月1日から規制を大幅緩和(06/26)

オランダ鉄道、新CEOに初の女性起用(06/26)

ダイムラー、排ガス不正巡りオランダで訴訟(06/25)

FCA、63億ユーロの政府融資保証を獲得か(06/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン