オランダ、外国企業への優遇税制で規制強化

オランダ政府は、外国企業に対する優遇税制の適用について、来年7月にも規制強化を導入することを計画している。多国籍企業が同国にペーパーカンパニーを設けることで租税を回避しているとして、欧州連合(EU)内でも批判が高まっているため。AFP通信などが伝えた。 スネル…

関連国・地域: EUアイルランドルクセンブルクマルタオランダキプロス欧州
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

ジェムアルト買収に青信号 欧州委、タレスの事業放出条件に(12/13)

スカニアなど、LNGトラックの普及に意欲(12/13)

メイ首相、打開策求め奔走 EU側の首脳陣と相次ぎ会談(12/12)

物流パレットウェイズ、ハンガリー進出(12/11)

INRIXとヒア、モビリティー技術で提携(12/11)

オランダ、航空券に一律7ユーロの課税検討(12/11)

RBS、ブレグジットで蘭に一部資産移管も(12/10)

EUの航空旅客数、昨年は7.3%増加(12/10)

米食品医薬局、欧州拠点をオランダに移転へ(12/07)

伊マフィアのンドランゲタ、欧州で一斉摘発(12/07)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン