資源リオ、ナミビアのウラン鉱山を売却

英豪資本の資源大手リオ・ティントは26日、ナミビアでウラン鉱山の運営を手掛けるロッシング・ウラニウムの全保有株68.6%を売却すると発表した。売却先は中国核工業集団(CNNC)傘下の中国チュウ業有限公司(CNUC、チュウは金へんに由)で、取引額は最大で1億650万ドルと…

関連国・地域: 英国アジアアフリカ
関連業種: 金融天然資源電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

【ウイークリー統計】第31回 有機農場の割合と農薬の販売量(02/21)

新生「独立グループ」に勢い 保守党3議員が参加表明(02/21)

セインズベリーのアズダ買収、当局が却下も(02/21)

EBA、次期議長にサンタンデール幹部指名(02/21)

ロイズ銀、通期は13%増益(02/21)

CBI製造業受注、2月は加速(02/21)

日立造船、英でバイオガス精製装置を受注(02/21)

JFLA、ジャパンセンターと業務提携(02/21)

P&Oフェリー、UAE社が再取得(02/21)

英、空港のドローン禁止区域を5キロに拡大(02/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン