シーメンスのインド事業、通期は21.1%減益

独総合電機大手シーメンスのインド法人は18日、2018年度9月通期の純利益が89億3,900万ルピー(1億2,500万ドル)となり、前期比21.1%減少したと発表した。1年前は事業と資産の売却による特別益が押し上げており、その反動が大きい。ファイナンシャル・エクスプレス(電子版)が…

関連国・地域: ドイツアジア
関連業種: 電機マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

BMW、ツィプセ取締役を新CEOに指名へ(07/19)

露、欧州の対イラン貿易支援機関に参加も(07/19)

独オンライン銀行N26、1.7億ドルを調達(07/19)

ワイヤーカード、アウトアインスと提携(07/19)

企業ソフトSAP、第2四半期は19%減益(07/19)

オークマ、ドイツ販売代理店を子会社化(07/19)

フォグホーンとポルシェ、顔認証にAI活用(07/19)

欧州委、ボーダフォンの欧州資産取得を承認(07/19)

CDU党首、国防相に就任 フォンデアライエン氏の後任(07/18)

ドイツ銀、デジタル化に向けた投資を縮小(07/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン