海運マースク、第3四半期は利益横ばい

デンマークの海運大手APモラー・マースクは14日、第3四半期(7~9月)の継続事業ベースの純利益(特別損益除く)が2億5,100万ドルとなり、前年同期からほぼ横ばいとなったと発表した。戦略的な事業再編が奏功し、全部門が増収を確保したほか、収益性とキャッシュフローが改善…

関連国・地域: ドイツデンマークアジア米国
関連業種: 運輸天然資源電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

商船三井、蘭デンハートフの株式20%取得(02/19)

航空フライbmiが破綻、全便キャンセル(02/19)

玩具レゴ、香港と中国本土で認定店を増設へ(02/18)

ドイツ銀、当局がダンスケ銀絡みの捜査強化(02/18)

欧州委、補聴器2社の合併を承認(02/15)

【欧州企業よもやま話】第273回:H&M ファストファッションの代名詞(02/13)

ユーロトンネル運営会社、英政府を提訴(02/13)

EU小規模国、税制巡る拒否権廃止に反対(02/13)

EUの再生可能エネ比率、17.5%に上昇(02/13)

欧州オートバイ登録台数、昨年は9.9%増加(02/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン