トタル、アンゴラで海底油田開発事業を発足

仏石油メジャーのトタルは10日、アンゴラで過去最大規模となる海底油田開発プロジェクト「カオンボ(Kaombo)」を正式に発足させたと発表した。2014年に原油価格が下落して以降、低迷が続く同国経済の活性化につなげたい考え。 ザ・ローカルによると、「カオンボ」への投資総額は…

関連国・地域: フランスポルトガルアジア米国アフリカ
関連業種: 建設・不動産天然資源マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

トタル、モーリタニア沖で2鉱区の権益取得(12/13)

伊ソゲフィ、ルーマニアに新工場開設(12/13)

ジェムアルト買収に青信号 欧州委、タレスの事業放出条件に(12/13)

ルノー、韓国で来年にも小型EV生産へ(12/13)

シーメンスとアルストム、欧州委に譲歩案(12/13)

ストラスブールのXマス市でテロ、2人死亡(12/13)

スカニアなど、LNGトラックの普及に意欲(12/13)

マクロン大統領、最低賃金引き上げなど発表(12/12)

バンコBPM、78億ユーロの不良債権を売却(12/12)

スペイン、カタルーニャに国家警察を派遣も(12/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン