コンチネンタル、レーザー技術に投資

ドイツのタイヤ・自動車部品大手コンチネンタルは、ルーマニア西部ティミショアラ(Timisoara)の空調パイプ工場で、レーザー技術に210万ユーロを投じたと発表した。シーニュースが伝えた。 それによると、現地チームは空調パイプ用に新たなレーザー溶接機械を開発。これは先進レ…

関連国・地域: ドイツルーマニア
関連業種: 自動車・二輪車その他製造建設・不動産天然資源


その他記事

すべての文頭を開く

独ツァイトフラハト、ブルーエア株10%取得(02/15)

EUの再生可能エネ比率、17.5%に上昇(02/13)

ルーマニアの平均賃金、12月は5.9%上昇(02/12)

製薬リヒター、通期は3.5倍超に増益(02/11)

ダイムラー、ルーマニアで8速DCTを生産(02/11)

チェコ新車登録台数、1月は17%減少(02/07)

コンスタンツァ港、UAE社が運営権を延長(02/05)

スペイン新車登録、1月は8%減少(02/05)

ルーマニア失業率、12月は過去最低を記録(02/04)

仏新車登録台数、1月は1.1%減少(02/04)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン