鉄鋼MMK、第3四半期は25.9%増益

ロシアの鉄鋼大手マグニトゴルスク(Magnitogorsk、MMK)は2日、第3四半期(7~9月)のEBITDA(利払い・税引き・償却前利益、特別損益除く)が6億7,100万ドルとなり、前年同期比25.9%増加したと発表した。国内市場で主要な原材料の価格が安定し、生産コストの低減に…

関連国・地域: トルコロシアアジア
関連業種: 鉄鋼・金属マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

中国の対ロシア貿易、商務省が拡大に期待(05/23)

ベラルーシ、石油製品の輸出規制が撤廃(05/23)

ゼレンスキー大統領、議会の解散を命令(05/23)

トタル、独製油所で生産調整=露産原油問題(05/23)

スーパーのディア、破産申請手続きを回避(05/22)

VWの世界販売、4月は6.6%減少(05/22)

露、ポーランドに導管経由の原油供給を再開(05/21)

ウクライナ、ゼレンスキー新大統領が就任(05/21)

墺首相、極右政党との連立解消=総選挙へ(05/21)

主要産油国、減産体制を維持へ(05/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン