電力フォータム、第3四半期は10%増益

フィンランドの電力大手フォータム(Fortum)は24日、第3四半期(7~9月)のEBITDA(利払い・税引き・償却前利益、特別損益除く)が2億3,000万ユーロとなり、前期比10%増加したと発表した。北欧の発電事業を手掛ける主力の発電部門が不振だったものの、コンシューマー・…

関連国・地域: ドイツフィンランドロシア
関連業種: 化学金融電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

フォータム、印でEV電池交換システム展開(02/19)

五つ星運動など5党、欧州議会選で新会派(02/19)

通信機器企業の規制強化支持 独内相、中国企業のスパイ疑惑で(02/14)

ユーロ圏鉱工業生産、予想上回る落ち込み(02/14)

欧州中銀、愛中銀レーン総裁が専務理事に(02/13)

EUの再生可能エネ比率、17.5%に上昇(02/13)

ベーシックインカム試験、就業促進ならず(02/12)

【ウイークリー統計】第30回 警察官の数とスマホの個人情報保護(02/07)

JAL、フィンエアーと新千歳便で共同運航(02/05)

ストラ・エンソ、第4四半期は72.5%増益(02/04)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン