ネスレ、印のGSTの税負担減で不当利益か

インドの反不当利益総局(DGAP)の調査で、食品で世界最大手のネスレ(スイス)のインド法人ネスレ・インディアが物品・サービス税(GST)の適用によって削減された税金分を商品の価格に反映させていないことが分かった。PTI通信が伝えた。 DGAPの関係者によると、…

関連国・地域: スイスアジア
関連業種: 食品・飲料サービスマクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

ドイツ銀とコメルツ銀、合併断念 統合コスト超える利益見出せず(04/26)

クレディ・スイス、サウジで営業免許取得(04/26)

クレディ・スイス、第1四半期は8%増益(04/25)

ノバルティス、第1四半期は5%増益(04/25)

エリオール、アレアスをPAIに売却へ(04/25)

ドイツ銀とUBS、資産運用部門を統合か(04/25)

長野計器、温度測定器リューガーの全株取得(04/25)

ネスレ、フィリピンで全包装を再生可能に(04/25)

BMW、EV電池用コバルトの調達先を厳選(04/25)

アライアンス銀、チューリッヒの保険販売へ(04/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン