ネスレ、印のGSTの税負担減で不当利益か

インドの反不当利益総局(DGAP)の調査で、食品で世界最大手のネスレ(スイス)のインド法人ネスレ・インディアが物品・サービス税(GST)の適用によって削減された税金分を商品の価格に反映させていないことが分かった。PTI通信が伝えた。 DGAPの関係者によると、…

関連国・地域: スイスアジア
関連業種: 食品・飲料サービスマクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

食品ネスレ、ブラジルの合弁事業から撤退も(05/24)

塩野義、モルテニと便秘症治療薬の販売契約(05/23)

仏アムンディ、独DWSとの事業統合を検討(05/22)

ドイツ銀に会長交代を要求も 複数の主要株主が早期辞任支持(05/22)

アドリア海横断ガス導管、9割弱が敷設完了(05/21)

スイスのアルピック、チェコ発電事業を売却(05/21)

米FB、スイスにフィンテック企業を設立(05/21)

再保険の韓国・コリアンリ、スイスに進出へ(05/21)

スイス、銃規制強化へ=国民投票で賛成64%(05/21)

ネスレ、スキンヘルス事業売却巡り独占協議(05/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン