ティッセン、産業部門の分社後も少数株保有

ドイツの鉄鋼・エンジニアリング大手ティッセンクルップは、スピンオフ(事業の分離・上場)の方針を明らかにしている産業機械部門について、分社後も30%程度の株式を維持するもようだ。最終的には残り株を手放す可能性もあるという。本体の監査役会メンバーでもある欧州鉄鋼部門…

関連国・地域: ドイツフィンランドアジア欧州
関連業種: 自動車・二輪車鉄鋼・金属その他製造金融建設・不動産雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

ゼレンスキー大統領、メルケル独首相と会談(06/20)

独政府、EV電池製造補助へ 資金援助先の3企業連合選出か(06/20)

塩野義、西同業と便秘症治療薬の販売契約(06/20)

EU8カ国、2030年までに石炭火力脱却へ(06/20)

欧州委、独のディーゼル車改良補助を承認(06/20)

アウディ、ロシアで1325台をリコール(06/20)

北マケドニアのEU加盟交渉、決定先送り(06/20)

シーメンス、ガス・電力部門で2700人整理(06/20)

生産者物価、5月は1.9%上昇(06/20)

韓国・セルトリオン、欧でバイオ後発品販売(06/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン