ティッセン、産業部門の分社後も少数株保有

ドイツの鉄鋼・エンジニアリング大手ティッセンクルップは、スピンオフ(事業の分離・上場)の方針を明らかにしている産業機械部門について、分社後も30%程度の株式を維持するもようだ。最終的には残り株を手放す可能性もあるという。本体の監査役会メンバーでもある欧州鉄鋼部門…

関連国・地域: ドイツフィンランドアジア欧州
関連業種: 自動車・二輪車鉄鋼・金属その他製造金融建設・不動産雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

VW、旧式ディーゼル車の買い替えを優遇(10/19)

サルビーニ同盟党首、欧州委員長に名乗りも(10/19)

企業ソフトSAP、第3四半期は2%減益(10/19)

通信機器エリクソン、第3四半期は黒字復帰(10/19)

ユニリーバ、第3四半期は3.8%増収(10/19)

ドイツ銀元トレーダー、金利不正操作で有罪(10/19)

ZF、3D車内監視システムを開発(10/19)

BMWの二輪部門、マレーシアで新型車公開(10/19)

リースプラン、アムステルダムでの上場中止(10/18)

MAN、ポーランドで電気バス組み立てへ(10/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン