ティッセン、産業部門の分社後も少数株保有

ドイツの鉄鋼・エンジニアリング大手ティッセンクルップは、スピンオフ(事業の分離・上場)の方針を明らかにしている産業機械部門について、分社後も30%程度の株式を維持するもようだ。最終的には残り株を手放す可能性もあるという。本体の監査役会メンバーでもある欧州鉄鋼部門…

関連国・地域: ドイツフィンランドアジア欧州
関連業種: 自動車・二輪車鉄鋼・金属その他製造金融建設・不動産雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

独ダイムラー、ポーランドでEV電池生産へ(12/19)

伊スパークリングワイン輸出高が過去最高に(12/19)

フランス、デジタル課税を来年1月に導入(12/19)

Ifo企業景況感、12月は悪化(12/19)

連邦政府の財政黒字、100億ユーロ超えへ(12/19)

ユーロ圏、共通予算の創設で合意(12/19)

ドイツ銀、離脱に備え清算業務の移管テスト(12/19)

商船三井、ウニパーとLNG基地で覚書(12/19)

トタル、越中南部でガス火力発電所を計画(12/19)

シーメンス、中国・南京にR&Dと生産拠点(12/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン