伊政府、反移民政令を閣議承認

イタリア政府は24日、移民の国外退去や国籍剥奪の手続きを簡易化する政令を閣議承認した。移民排斥を掲げる同盟(旧北部同盟)の党首であるサルビーニ内相兼副首相はこれを「イタリアをより安全な国にするための大きな一歩」としているものの、各方面から批判の声が上がっている。…

関連国・地域: イタリア
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

サルビーニ同盟党首、欧州委員長に名乗りも(10/19)

小売りカルフール、第3四半期は2.1%増収(10/19)

ユニリーバ、第3四半期は3.8%増収(10/19)

韓国・産業通商省、伊と経済協力強化へ(10/19)

欧州新車登録、9月は23.5%減少(10/18)

欧州委、米プラクスエア欧州事業の売却承認(10/18)

伊政府、来年度予算案を提出 欧州委が2週間以内に意見表明(10/17)

【欧州企業よもやま話】第265回・ペルカッシ サッカー選手から敏腕経営者に(10/17)

トルコ自動車生産、9月は1%減少(10/17)

イタリア製造業受注、8月は4.9%上昇(10/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン