伊政府、反移民政令を閣議承認

イタリア政府は24日、移民の国外退去や国籍剥奪の手続きを簡易化する政令を閣議承認した。移民排斥を掲げる同盟(旧北部同盟)の党首であるサルビーニ内相兼副首相はこれを「イタリアをより安全な国にするための大きな一歩」としているものの、各方面から批判の声が上がっている。…

関連国・地域: イタリア
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

IMF、成長率予測引き下げ ユーロ圏は1.6%に減速か(01/23)

外食アウトグリル、仏同業に事業買収提案か(01/23)

日立、伊アンサルドを完全子会社化へ(01/23)

サイペム、サウジで海底油田開発を受注(01/23)

欧州の電力大手各社、日産とV2Gで協業(01/22)

テレコムイタリアの通信網分離、当局が却下(01/22)

イタリア、社会保障と年金改革案を閣議決定(01/21)

EU住宅価格、第3四半期は4.3%上昇(01/21)

SWM、二輪車を印で値引き販売(01/21)

香港の投資家、伊インテル株3割を取得か(01/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン