実質賃金、第2四半期は0.5%上昇

ドイツ連邦統計庁が20日発表した賃金統計によると、2018年第2四半期(4~6月)の実質平均賃金は前年同期比0.5%上昇した。伸びは第1四半期の1.1%から減速。一方、この間のインフレ率は2%と、2012年第4四半期以降で最も加速している。 物価調整前の名目賃金は2.5%上昇。地…

関連国・地域: ドイツ
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

ランスタッド、第3四半期は4%増益(10/24)

スロバキアの新車登録、1~9月は6%増加(10/24)

英独仏行、貿易情報ネットワーク構築へ(10/24)

米当局が条件付き承認 リンデの合併計画、成立に近づく(10/24)

トルコ大統領、サウジ記者殺害は「計画的」(10/24)

電通、広告ナミックスを買収(10/24)

BMW、リコール対象を160万台に拡大(10/24)

ウィットブレッド、上半期は2.5%増益(10/24)

仏エアバス、独ハンブルク工場で再び遅延も(10/24)

加州高裁、米モンサントの賠償金を減額(10/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン