ポーランド大統領、最高裁の暫定長官を指名

ポーランドのドゥダ大統領は11日、最高裁判所の暫定長官を指名した。同国では7月に、最高裁判事の定年を70歳から65歳に引き下げる新法が施行され、65歳のゲルスドルフ最高裁長官も退官を求められた。ただ、同長官はこれを憲法違反として拒否しており、欧州連合(EU)も司法の独…

関連国・地域: EUポーランド
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務政治


その他記事

すべての文頭を開く

モダンのペトル前党首、新党立ち上げ(11/21)

トヨタ、トルコで新型カローラHV版生産へ(11/21)

ポーランド鉱工業生産、10月は7.4%増加(11/21)

テスラ、メルセデスのEV巡り協力に関心(11/21)

ドゥダ大統領、出国税導入巡る改正案に署名(11/20)

ポーランド平均賃金、10月は7.6%上昇(11/20)

ポーランドGDP、第3四半期は5.7%拡大(11/15)

チェコ、国連移民協定への不参加を閣議決定(11/15)

ブルガリア、国連の移民協定への署名拒否も(11/14)

サンタンデール、ドイツ銀の一部事業を買収(11/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン