部品ボッシュ、中国でR&Dセンターが稼働

独自動車部品大手ロバート・ボッシュの中国・江蘇省蘇州市の現地法人、博世汽車部件(蘇州)の研究開発(R&D)センターが稼働を開始した。中国でのR&D・イノベーション能力の強化が狙い。自動車情報サイトの蓋世汽車網が伝えた。 同センターは延べ床面積3万4,000平方メート…

関連国・地域: ドイツアジア
関連業種: 自動車・二輪車


その他記事

すべての文頭を開く

独商工会議所、成長見通しを引き下げ(10/22)

マルタ、イタリアが拒んだ移民受け入れ(10/22)

ソフトウェアAG、第3四半期は横ばい(10/22)

米スターバックス、欧州4カ国の経営移管(10/22)

コンチネンタル、機械学習のADASを開発(10/22)

ティッセン、米MSと共同開発ソフトを導入(10/22)

VW、欧州で新車販売をデジタル化へ(10/22)

ブラックキャブのEV版、来年にパリ進出(10/22)

VW、旧式ディーゼル車の買い替えを優遇(10/19)

サルビーニ同盟党首、欧州委員長に名乗りも(10/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン