フィレンツェ、旧市街の一部で立ち食い禁止

イタリアのフィレンツェ市は、旧市街を代表する4エリアでいわゆる「立ち食い」を禁止する新たな条例を施行した。違反者には最高500ユーロの罰金が科される。ザ・ローカルが伝えた。 新ルールが適用されるのは、◇ネーリ(Neri)通り◇ウフィツィ(Uffizi)広場◇グラノ(Grano)…

関連国・地域: イタリア
関連業種: 観光マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

エニ、オマーンの2鉱区のラインセンス取得(01/16)

ECB、各行に不良債権の全額引き当て要求(01/16)

化石燃料への補助金、EU最多は英国(01/16)

東地中海諸国、地域ガス市場を創設へ(01/16)

「五つ星運動」、欧州議会で新会派立ち上げ(01/15)

独高級車3社、12月はBMWとアウディ不振(01/15)

トルコ自動車生産、12月は19.2%減少(01/15)

エニ、アブダビ沖油田2鉱区の探査権取得(01/15)

ローマ市、トレビの泉の硬貨を市の財源に(01/15)

ボーダフォン、スペインで1200人整理へ(01/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン