ネスレ、フィリピンでのコーヒー生産撤退も

食品で世界最大手のネスレ(スイス)は、フィリピンでのコーヒー製品生産からの撤退を検討している。製造コストが高く、東南アジア諸国連合(ASEAN)の中で競争力が低いことに加え、年初に施行された税制改革法(TRAIN)で加糖飲料に課税されるようになり、販売量が落ち…

関連国・地域: スイスアジア
関連業種: 食品・飲料農林・水産マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

ネスレ、マで最長6カ月の産休制度を導入(03/18)

食品ネスレ、越北部に物流センターを開設(03/15)

ルフトハンザ、通期は8%減益(03/15)

海運CMA、シーバ株の9割近く確保(03/15)

EU、「737MAX」の域内運航を禁止(03/14)

ドイツ証取など、フィンテックで星社と提携(03/14)

生活の質ランク、ウィーンが10年連続首位(03/14)

クレディ・スイス、印西部にIT開発拠点(03/12)

ブルガリアの新ガス導管、3グループが応札(03/11)

ホンダ、欧州でエネルギー管理事業を推進へ(03/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン