ネスレ、フィリピンでのコーヒー生産撤退も

食品で世界最大手のネスレ(スイス)は、フィリピンでのコーヒー製品生産からの撤退を検討している。製造コストが高く、東南アジア諸国連合(ASEAN)の中で競争力が低いことに加え、年初に施行された税制改革法(TRAIN)で加糖飲料に課税されるようになり、販売量が落ち…

関連国・地域: スイスアジア
関連業種: 食品・飲料農林・水産マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

ABB、事業売却で日立や三菱電機と協議(11/19)

野村、ジュリアス・ベア子会社への出資完了(11/19)

製薬ロシュ、中国・騰訊と戦略提携(11/15)

ラファージュホルシム、インドネ事業を売却(11/14)

スイス失業率、10月は横ばいの2.4%(11/13)

ジュリアス・ベア、南アに事務所開設(11/12)

テトラパック、実質本拠地で150人を整理へ(11/12)

リシュモン、上半期は2.5倍弱に増益(11/12)

クレディ・スイス、南アから撤退=関係者(11/09)

石油OMV、チュニジア上流事業を売却(11/08)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン