ネスレ、国内IT部門の合理化の最終案発表

食品で世界最大手のネスレ(スイス)は、スイスのIT(情報技術)部門の合理化を巡る最終案をまとめた。リストラの規模を当初の案より抑えている。 同社が5月末に発表した計画では、スペインなどへのIT業務の移管に伴い、国内のITスタッフを最大500人整理し、100人に減らす…

関連国・地域: イタリアスペインスイス
関連業種: 食品・飲料IT・通信雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

投資EQT、ビザ手続き代行のVFS売却へ(01/16)

ジュリアス・ベア、4月に新会長を指名へ(01/16)

スイス国鉄、空飛ぶ電動タクシーの導入検討(01/15)

ネスレ、ルーマニア西部の工場閉鎖へ(01/14)

シンドラー、インドの総合拠点化を模索(01/14)

トランプ米大統領、ダボス会議を欠席へ(01/14)

パスポートランキング、欧州首位は独仏(01/14)

ラファージュホルシム、主要株主が株式売却(01/11)

ルフトハンザが欧州首位維持 乗客数が1.4億人超に拡大(01/11)

武田、シャイアー買収を完了(01/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン