ポーランド、企業や富裕層に出国税導入も

ポーランド政府は、資産や生産拠点を国外に移す企業や富裕層に最高19%の「出国税」を課す計画だ。租税回避に関する欧州連合(EU)指令を踏まえた措置で、徴収率を高める狙い。2019年の施行が見込まれる財務省の法案を元に、ロイター通信が28日伝えた。 創設予定の新税は、資産…

関連国・地域: フランスEUポーランド
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

オペル、ポーランド南部で新エンジン生産(01/22)

日立キャピ、自動車リース会社のTOB開始(01/22)

イデア・バンク、ゲティン・ノーブル買収へ(01/21)

OTP、ソジェンのブルガリア事業買収完了(01/18)

独ダイムラー、ポーランドにトラック子会社(01/18)

英独立党党首ら、ルペン氏の政治会派に合流(01/18)

米EVテスラ、ワルシャワに現地法人設立(01/16)

仏、ベルギー国境の野生イノシシを殺処分へ(01/16)

華為、ポーランドでスパイ容疑の社員を解雇(01/15)

「五つ星運動」、欧州議会で新会派立ち上げ(01/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン