VW中国合弁、天津工場の操業開始へ

独自動車大手フォルクスワーゲン(VW)と中国第一汽車集団(一汽集団)による合弁、一汽大衆汽車は、30日に天津工場の操業を開始する予定だ。総投資額は130億元(19億ドル)余りで、年産能力は30万台。天津日報が伝えた。 同工場は、2016年5月に着工。敷地面積は108万1,000平方…

関連国・地域: ドイツアジア
関連業種: 自動車・二輪車建設・不動産マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

シーメンス、国内で2900人整理へ(09/26)

鉱山技術オウトテック、イランから撤退へ(09/26)

EUの経済委、英拠点の投資銀への規制強化(09/26)

ライアン、伊客室乗務員と労働条件で合意(09/26)

金融界の移転先、フランクフルトが優位維持(09/26)

EU、米制裁回避の決済システム構築へ(09/26)

ソロス氏の人権財団、ハンガリーを提訴(09/26)

投資会社プライムパルス、年内に上場へ(09/26)

独連立与党、情報機関トップの処遇で合意(09/26)

仏政府、難民救助船の受け入れ拒否(09/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン