鉄鋼メチェル、第2四半期は57%減益

露資源・鉄鋼大手メチェルは22日、第2四半期(4~6月)の純利益が14億ルーブル(2,100万ドル)となり、前期比57%減少したと発表した。特に6月は、サッカーのワールドカップ(W杯)の影響で建設業界の勢いがそがれ、需要が低迷したとしつつも、製品価格が上昇して業績は改善し…

関連国・地域: ロシア
関連業種: 鉄鋼・金属建設・不動産天然資源電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

ロスネフチのユーコス蘭事業取得は「違法」(01/22)

EU、露情報機関の職員に制裁=暗殺未遂で(01/22)

ルノー、昨年は再び記録更新 中国2ブランド組み入れが寄与(01/21)

エンプラス、デリパスカ氏の出資率引き下げ(01/21)

UAE、ロシア産家禽を一部禁輸(01/21)

露マグニト、競合レンタの元CEOが社長に(01/18)

ロシアのインフレ率、12月は4.3%に加速(01/18)

小売りメトロ、第1四半期は0.6%減収(01/18)

EU、鉄鋼の輸入制限措置を正式に発動(01/18)

ロシア、白金鉱床の開発でジンバブエと合意(01/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン