鉄鋼メチェル、第2四半期は57%減益

露資源・鉄鋼大手メチェルは22日、第2四半期(4~6月)の純利益が14億ルーブル(2,100万ドル)となり、前期比57%減少したと発表した。特に6月は、サッカーのワールドカップ(W杯)の影響で建設業界の勢いがそがれ、需要が低迷したとしつつも、製品価格が上昇して業績は改善し…

関連国・地域: ロシア
関連業種: 鉄鋼・金属建設・不動産天然資源電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

スバル、ロシアで5.2万台をリコール(04/24)

ノルドストリーム2に黄信号 欧州委員長候補、敷設阻止の意向(04/24)

ドイツのビール価格、昨年は3.5%上昇(04/24)

モスクワの地下鉄駅、中国鉄建が建設受注(04/23)

俳優のゼレンスキー氏が勝利 ウクライナ大統領選(04/23)

露下院、インターネット遮断法案を可決(04/18)

米シスコ、クラクフ支店への投資拡大へ(04/18)

モスクワーサンクトペテルブルクに高速鉄道(04/18)

ドイツの対露投資、過去10年で最高に(04/18)

米下院、ドイツ銀に召喚状 トランプ大統領の財務記録巡り(04/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン