カールスバーグ、マの増税で消費低迷を懸念

デンマークのビール大手カールスバーグ傘下のカールスバーグ・ブリュワリー・マレーシアのラース・リーマン社長は、9月に導入予定のSST(売上・サービス税)がビール消費にマイナス影響を与えるとの懸念を示した。スターが17日伝えた。 同社長は、ビールの売上税に10%が適用…

関連国・地域: デンマークアジア
関連業種: 食品・飲料マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

欧州委、EBAに資金洗浄巡る調査を要請(09/25)

医療用大麻ステノケア、10月に株式上場へ(09/25)

コペンハーゲン、F1誘致計画を中止(09/25)

デンマーク、ダンスケバンクの調査再開(09/24)

カールスバーグ、デジタル化で越社と提携(09/24)

ノボノルディスク、R&D部門の400人整理(09/20)

ダンスケ銀、資金洗浄でCEOが引責辞任(09/20)

デンマーク最高裁、米ウーバー運転手に罰金(09/18)

ベルギー、アフリカ豚コレラの感染確認(09/17)

エルステッド、台湾の風力発電開発で契約(09/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン