ポーランド大統領、選挙法改正案を拒否

ポーランドのドゥダ大統領は16日、選挙法改正案に拒否権を行使すると発表した。同法案は与党・法と正義(PiS)が提出し、7月に議会を通過したもので、欧州議会選で主要政党を優遇する内容だった。 同大統領は拒否権行使の理由について、同法案が欧州議会選での議席獲得に必要…

関連国・地域: EUポーランド
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治


その他記事

すべての文頭を開く

イデア・バンク、ゲティン・ノーブル買収へ(01/21)

OTP、ソジェンのブルガリア事業買収完了(01/18)

独ダイムラー、ポーランドにトラック子会社(01/18)

英独立党党首ら、ルペン氏の政治会派に合流(01/18)

米EVテスラ、ワルシャワに現地法人設立(01/16)

仏、ベルギー国境の野生イノシシを殺処分へ(01/16)

華為、ポーランドでスパイ容疑の社員を解雇(01/15)

「五つ星運動」、欧州議会で新会派立ち上げ(01/15)

ポーランドで市長がイベント中に刺され死亡(01/15)

ポーランド当局、中国・華為社員を逮捕か(01/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン