ドイツ鉄道、米制裁受けイラン事業から撤退

ドイツ鉄道(DB)は、イランで進める2件のプロジェクトから段階的に撤退する方針だ。米国が対イラン経済制裁の一部を再発動し、イランと取引する外国企業も制裁の対象としているため。同社の子会社DBエンジニアリング&コンサルティングの広報担当者の話を元に、ロイター通信…

関連国・地域: ドイツフランス米国中東
関連業種: 自動車・二輪車運輸IT・通信天然資源サービスマクロ・統計・その他経済政治


その他記事

すべての文頭を開く

独アイスマン、ハンガリー工場拡張へ(01/21)

ルノー、昨年は再び記録更新 中国2ブランド組み入れが寄与(01/21)

独政府、5G網のセキュリティー厳格化も(01/21)

ドイツと中国、金融協力と市場開放で合意(01/21)

パルメット、独EWEのトルコ資産を買収か(01/21)

欧州委、BASFのソルベイ事業買収を承認(01/21)

豪連邦裁、VWに不正周知の幹部名公表命令(01/21)

AFCエナジー、水素燃料のEV充電器導入(01/21)

シュコダ、昨年のインド市場は66.2%減益(01/18)

露マグニト、競合レンタの元CEOが社長に(01/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン