トタル、イランのガス田開発から早期撤退か

仏石油メジャーのトタルは、米国の対イラン経済制裁の再開決定に従い、イランのガス田開発から早期撤退する方針を固めたもようだ。関係筋の話を元に、ザ・ナショナルが12日伝えた。 トタルはペルシャ湾にある世界最大級のサウスパース(South Pars)ガス田フェーズ11の開発プロジ…

関連国・地域: フランスアジア米国中東欧州
関連業種: 自動車・二輪車金融天然資源マクロ・統計・その他経済政治


その他記事

すべての文頭を開く

ヴェルサーチが身売りで合意 米マイケル・コースの傘下に(09/26)

鉱山技術オウトテック、イランから撤退へ(09/26)

仏政府、250億ユーロ減税=来年度予算案(09/26)

EU、米制裁回避の決済システム構築へ(09/26)

製造業景況感、9月は悪化(09/26)

金融界の移転先、フランクフルトが優位維持(09/26)

LVMH、ジャン・パトゥの過半数株取得(09/26)

仏政府、難民救助船の受け入れ拒否(09/26)

仏トタル、英領北海で大規模ガス田を発見(09/26)

シチズン、ディズニー・パリの公式時計に(09/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン