鉄鋼MMK、第2四半期は42.9%増益

ロシアの鉄鋼大手マグニトゴルスク(Magnitogorsk、MMK)は2日、第2四半期(4~6月)のEBITDA(利払い・税引き・償却前利益、特別損益除く)が6億5,000万ドルとなり、前年同期比42.9%増加したと明らかにした。生産コストの上昇が逆風となった。販売拡大や鉄鋼価格の…

関連国・地域: トルコロシア
関連業種: 鉄鋼・金属天然資源マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

露政府、ロスアトムに北極海航路の権限移譲(12/14)

<連載コラム・自動車産業インサイト>第30回 ゴーン失脚、連合の支配権争いの行方(12/14)

ロスネフチ、イランプロジェクトを中止か(12/14)

小売りメトロ、通期は5.9%増益(12/14)

旅行TUI、通期は4.1%増益(12/14)

欧州、ノルドストリーム2の敷設中止を要求(12/14)

金融アルファバンク、身売りを検討か(12/12)

ヤンデックス、イスラエルで配車サービス(12/12)

ポーランドの貿易収支、1~10月は赤字転落(12/12)

モスクワ、カーシェアリングの利用者急増(12/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン