資源リオ、中間配当が過去最高を記録も

英豪資本の資源大手リオ・ティントの2018年度上半期(1~6月)の中間配当が16年度の約3倍となる過去最高の1.27米ドルになる見込みだ。豪州各紙が伝えた。 コモディティー価格の上昇に加え、今年前半に行ったクイーンズランド(QLD)州の石炭事業をはじめとする約50億米ドル…

関連国・地域: 英国
関連業種: 金融天然資源マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

エアバス、パリ航空ショーの受注合戦で勝利(06/25)

サンタンデール、独アリアンツとの合弁解消(06/25)

英国、洋上発電に1億ポンド 設備の国内調達率を60%に(06/25)

EU、愛の肉牛生産者への特別補償を承認(06/25)

EU首脳、英国との離脱協定の再交渉を否定(06/25)

ロイズ銀、ジャージー島の一部口座を凍結(06/25)

パティスリー・バレリー、不正会計で5人逮捕(06/25)

欧州に熱波到来、一部で気温40度近くに(06/25)

医薬品・化粧品販売ブーツ、紙レジ袋を導入(06/25)

タイ投資会社、英国の不動産5物件を販売(06/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン