資源リオ、中間配当が過去最高を記録も

英豪資本の資源大手リオ・ティントの2018年度上半期(1~6月)の中間配当が16年度の約3倍となる過去最高の1.27米ドルになる見込みだ。豪州各紙が伝えた。 コモディティー価格の上昇に加え、今年前半に行ったクイーンズランド(QLD)州の石炭事業をはじめとする約50億米ドル…

関連国・地域: 英国
関連業種: 金融天然資源マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

グリーンコア、米事業を11億ドル弱で売却へ(10/16)

国境問題で合意に至らず 英国とEU、サミット前に会談も(10/16)

RBS、金融危機以降で初の配当支払い(10/16)

英中銀、50ポンド札をプラ製に刷新へ(10/16)

バイヤスドルフ、新CEOにドロエケル氏(10/16)

ゴーコンペア、ガス電力の自動切り替え進出(10/16)

ジャガー、EVに接近通報装置を装備(10/16)

英ハリー王子の妻メーガン妃、第1子を懐妊(10/16)

英パープルブリックス、独不動産市場に進出(10/16)

ゾルルエナジー、200カ所に急速充電設備(10/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン