資源リオ、中間配当が過去最高を記録も

英豪資本の資源大手リオ・ティントの2018年度上半期(1~6月)の中間配当が16年度の約3倍となる過去最高の1.27米ドルになる見込みだ。豪州各紙が伝えた。 コモディティー価格の上昇に加え、今年前半に行ったクイーンズランド(QLD)州の石炭事業をはじめとする約50億米ドル…

関連国・地域: 英国
関連業種: 金融天然資源マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

小売売上高、0.7%増加 オンライン販売が好調で(08/17)

ユーロ圏貿易収支、6月は黒字縮小(08/17)

財務報告評議会、PwCの不適切な監査批判(08/17)

エンプラス、登記本社を英から露へ移転も(08/17)

アマゾン、英で保険商品比較サイトを検討か(08/17)

アルジェリア、スペインと伊エニにガス供給(08/17)

ズベルバンク、ブランド価値で国内首位維持(08/17)

キングフィッシャー、第2四半期は3%増収(08/17)

BP、豪で太陽光発電やEV充電事業計画(08/17)

スコットランド住民、EU離脱で英に不満(08/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン