石油トタル、ガボンの油田権益を売却

仏石油メジャーのトタル傘下のトタル・ガボンは7月31日、ガボン南部のラビ・コウンガ(Rabi-Kounga)鉱区の権益32.9%を同業アッサラ・アップストリーム・ガボンに売却することで合意したと発表した。取引額は約1億ドル。ポートフォリオ簡素化の一環で、持ち分を全て手放す格好。…

関連国・地域: フランスアフリカ
関連業種: 天然資源


その他記事

すべての文頭を開く

EU、米国産LNGの輸入拡大をアピール(08/14)

欧州支店の所有権を愛に移管 バークレイズ、ブレグジットに備え(08/14)

中銀、リラ急落受け流動性の供給を表明(08/14)

仏政府、非再利用プラ包装のコスト割高に(08/14)

アマデウス、米トラベルクリックを買収(08/14)

トタル、イランのガス田開発から早期撤退か(08/14)

愛と欧州大陸間の貿易拠点港、蘭とベルギーか(08/14)

自動車塗装機器デュル、イラン事業停止か(08/14)

タクシファイ、東アフリカで一段の投資へ(08/13)

仏製造業生産、6月は0.6%増加(08/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン