セメントのホルシム、比事業は25%減益

セメントで世界最大手のラファージュホルシム(スイス)傘下のホルシム・フィリピン(HPI)は、2018年第2四半期(4~6月)の純利益が8億6,800万ペソ(1,630万ドル)と、25%減少したと発表した。建設需要の拡大が販売を押し上げた一方、燃料、電力、流通コストの上昇や、ペ…

関連国・地域: スイスアジア
関連業種: その他製造建設・不動産マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

クレディ・スイス、QIAが筆頭株主に(08/14)

欧州支店の所有権を愛に移管 バークレイズ、ブレグジットに備え(08/14)

スイス、国内企業にイランでの事業継続要請(08/13)

旅行TUI、第3四半期は13%減益(08/13)

アデコ、第2四半期は11%減益(08/10)

エルステッド、米の陸上風力開発会社を買収(08/10)

スイス商工会議所、ジャカルタに開所(08/10)

グレンコアの豪原料炭生産、26%増加(08/10)

ルフトハンザ、オマーンと共同運航拡大(08/10)

金融スイスクオート、インターナックス買収(08/09)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン