テレフォニカ、第2四半期は10%増益

スペインの通信大手テレフォニカは26日、第2四半期(4~6月)の純利益が9億200万ユーロとなり、前年同期比9.9%増えたと発表した。ブラジルの税務関係の係争で同社に有利な判決が出たことが大きく、市場予想を上回っている。 売上高は121億4,400万ユーロと6.3%減少。為替差損…

関連国・地域: 英国ドイツスペイン中南米
関連業種: IT・通信マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

サンチェス首相、4月の解散総選挙を発表(02/18)

欧州新車登録、4.6%減少 5カ月連続で前年割れ=1月(02/18)

VWの世界販売、1月は1.8%減少(02/18)

ユーロ圏貿易収支、12月は黒字縮小(02/18)

エアバス、A380生産終了へ エミレーツの発注取り消しで(02/15)

ユーロ圏成長率、0.2%を維持 ドイツは景気後退入りを免れ(02/15)

独高級車3社、1月はBMWが好調(02/15)

三菱商事、オーヴォ・エナジーの20%株取得(02/15)

スペイン下院、予算案を否決=解散総選挙へ(02/14)

アベルティス、通信衛星事業を売却(02/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン