フフと保隆、タイヤ空気圧監視装置で合弁

独自動車部品大手フフ(Huf)・グループは、中国の同業・上海保隆汽車科技と、タイヤ空気圧監視システム(TPMS)の合弁会社を設立することで趣意書(LOI)を交わした。両社のTPMS事業を統合する形で、開発や購買、生産、販売の面で提携することにより、市場で首位に立つ…

関連国・地域: ドイツアジア米国
関連業種: 自動車・二輪車電機その他製造金融


その他記事

すべての文頭を開く

ノルウェーで世界初のゼロ排出セメント工場(12/17)

独連銀、成長率見通しを1.5%に下方修正(12/17)

州立銀へラバ、デクシアの独事業を買収(12/17)

三菱商事、英で炭素繊維の再資源化事業参画(12/17)

12月は過去4年超で最低 ユーロ圏総合PMI速報値(12/17)

クラシファイド広告のスカウト24が身売りも(12/17)

ボッシュ、自動運転シャトルの構想公開(12/17)

欧州新車登録、11月は8%減少(12/17)

中国・長城汽車、「WEY」をドイツで展開へ(12/17)

ユーロ圏求人率、第3四半期は2.1%で横ばい(12/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン