UPMキュンメネ、第2四半期は24%増益

フィンランドの製紙・製材大手UPMキュンメネ(Kymmene)は24日、第2四半期(4~6月)のEBIT(利払い・税引き前利益、特別損益除く)が3億3,400万ユーロとなり、前年同期比24%拡大したと発表した。販売価格の上昇などが奏功した。 売上高は5%増の25億8,900万ユーロ。…

関連国・地域: フィンランド
関連業種: 化学その他製造電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

マース・グローバル、シンガポールに進出(10/16)

人的資本指標、欧州首位はフィンランド(10/15)

競争当局、航空BAの大西洋共同事業を調査(10/12)

ティッセン、産業部門の分社後も少数株保有(10/08)

伊藤忠、メッツァと合弁工場を設立へ(10/04)

ユーロ圏小売売上高、8月は0.2%減少(10/04)

EU、VAT徴収が1500億ユーロ不足(09/27)

鉱山技術オウトテック、イランから撤退へ(09/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン