GSK、コンシューマー部門の分離を検討か

英製薬大手グラクソ・スミスクライン(GSK)は、コンシューマーヘルスケア部門のスピンオフ(事業の分離・独立)を検討しているもようだ。主要株主からの圧力のためという。フィナンシャルタイムズがGSK株主の情報として伝えた。 GSKのフィリップ・ハンプトン会長は、医…

関連国・地域: 英国
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

出版アルバトロス、競合パンテオンを買収(10/19)

シェル、Norecoにデンマークの上流事業売却(10/19)

サルビーニ同盟党首、欧州委員長に名乗りも(10/19)

仏ノバレス、セルビア工場の拡張完了(10/19)

英首相、移行期間延長に前向き EU、11月臨時サミットに否定的(10/19)

小売売上高、9月は0.8%減少(10/19)

ユニリーバ、第3四半期は3.8%増収(10/19)

ドイツ銀元トレーダー、金利不正操作で有罪(10/19)

金融HSBC、上海証取での上場を検討(10/19)

香港・TNG、トラングロの6割株取得(10/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン