米国の関税政策、独に200億ユーロの損失も

米国による鉄鋼・アルミニウムの輸入への新関税導入で、ドイツは最大200億ドルの損失を被る恐れが出てきた。労組系シンクタンクIMKを率いるグスタフ・A・ホルン氏の話を元に、独週刊誌シュピーゲルなどが報じた。 米トランプ政権は安全保障上の懸念を理由に、3月に中国や日本…

関連国・地域: ドイツEUアジア米国
関連業種: 鉄鋼・金属マクロ・統計・その他経済政治


その他記事

すべての文頭を開く

Ifo、向こう3年の成長見通し引き下げ(12/14)

加リナマー、ハンガリーに新工場開設へ(12/14)

スーパー売上高、直近12週間は2%増加(12/14)

ノバレス、ポルトガル工場で新表面加工技術(12/14)

独高級車3社、11月もアウディの不調続く(12/14)

レボリュート、リトアニアで銀行免許を取得(12/14)

アウディ、ショット氏をCEOに正式任命(12/14)

FCA、中国・騰訊とつながる車で戦略提携(12/14)

小売りメトロ、通期は5.9%増益(12/14)

欧州一般裁、実走時排ガス基準を無効化(12/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン