米国の関税政策、独に200億ユーロの損失も

米国による鉄鋼・アルミニウムの輸入への新関税導入で、ドイツは最大200億ドルの損失を被る恐れが出てきた。労組系シンクタンクIMKを率いるグスタフ・A・ホルン氏の話を元に、独週刊誌シュピーゲルなどが報じた。 米トランプ政権は安全保障上の懸念を理由に、3月に中国や日本…

関連国・地域: ドイツEUアジア米国
関連業種: 鉄鋼・金属マクロ・統計・その他経済政治


その他記事

すべての文頭を開く

ホンダ、英国工場を閉鎖へ トルコでの生産も終了=2021年に(02/20)

ドイツ、経常黒字が世界首位 日本押さえ3年連続=Ifo(02/20)

ノルドストリーム2700キロの敷設完了(02/20)

VW、排ガス不正巡るオーナー訴訟で勝訴(02/20)

ユーロ圏建設業生産、12月は0.4%減少(02/20)

独エンメック、ブダペスト近郊の工場拡張(02/20)

ZEW景気期待指数、2月は改善(02/20)

中国・復星国際、トム・テイラーに買収提案(02/20)

ハイデルベルグセメント、6.1%減益(02/20)

フラポート、空飛ぶタクシーで企業と提携(02/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン