米国の関税政策、独に200億ユーロの損失も

米国による鉄鋼・アルミニウムの輸入への新関税導入で、ドイツは最大200億ドルの損失を被る恐れが出てきた。労組系シンクタンクIMKを率いるグスタフ・A・ホルン氏の話を元に、独週刊誌シュピーゲルなどが報じた。 米トランプ政権は安全保障上の懸念を理由に、3月に中国や日本…

関連国・地域: ドイツEUアジア米国
関連業種: 鉄鋼・金属マクロ・統計・その他経済政治


その他記事

すべての文頭を開く

マEPF、ポーランドのオフィスビルを買収(08/14)

欧州支店の所有権を愛に移管 バークレイズ、ブレグジットに備え(08/14)

モンサントが除草剤巡り敗訴 市場がバイエルの先行き懸念(08/14)

高級車BMW、7月の販売台数は過去最高(08/14)

関電と電源開発、英洋上風力発電事業へ参画(08/14)

自動車塗装機器デュル、イラン事業停止か(08/14)

ドイツ、移民引き渡しでスペインと合意(08/14)

マーレ、商用車用エンジンの効率化を実現(08/14)

フラネット、香港で垂直農園を開発へ(08/14)

ドイツ銀、ベトナム事業の新責任者を指名(08/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン