建設スカンスカ、第2四半期は23%減益

スウェーデンの建設大手スカンスカは20日、第2四半期(4~6月)の純利益が10億8,800万クローナ(1億2,200万ドル)となり、前年同期比23%減少したと発表した。米国の建設事業で約5億2,000万クローナの評価損を計上したことが響いた。 売上高は5%減の425億1,800万クローナ。…

関連国・地域: スウェーデンポーランド米国
関連業種: 建設・不動産電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

スポティファイ、米ディストロキッドに出資(10/19)

出版アルバトロス、競合パンテオンを買収(10/19)

通信機器エリクソン、第3四半期は黒字復帰(10/19)

通信テレ2、第3四半期は12%増益(10/19)

EUバッテリー・アライアンス構想から1年(10/18)

カーナビのトムトム、第3四半期は76%増益(10/17)

トラックのボルボ、排ガス制御部品に不具合(10/17)

スウェーデン議会、ロベーン首相に組閣要請(10/17)

非現金決済、最も多いのはスウェーデン(10/17)

BMWなど、EV電池の持続可能性巡り提携(10/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン