建設スカンスカ、第2四半期は23%減益

スウェーデンの建設大手スカンスカは20日、第2四半期(4~6月)の純利益が10億8,800万クローナ(1億2,200万ドル)となり、前年同期比23%減少したと発表した。米国の建設事業で約5億2,000万クローナの評価損を計上したことが響いた。 売上高は5%減の425億1,800万クローナ。…

関連国・地域: スウェーデンポーランド米国
関連業種: 建設・不動産電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

LGケム、ポーランドにEV電池工場設置も(05/20)

イケア、台湾でMRT駅一体型店舗を開店(05/20)

EIB、ノースボルトに3.5億ユーロ融資(05/17)

ネスレ、スキンヘルス事業売却巡り独占協議(05/17)

新興企業リリウム、電動小型ジェット機公開(05/17)

高級車ボルボ、中韓2社とEV電池供給契約(05/16)

【ウイークリー統計】第37回 果物・野菜の摂取頻度と主観的健康感(05/16)

スウェーデンで無人電動トラックの公道試験(05/16)

イケア、LIB製造ノースボルトに出資も(05/16)

欧州委、通信テリアのボニエ買収を本格調査(05/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン