建設スカンスカ、第2四半期は23%減益

スウェーデンの建設大手スカンスカは20日、第2四半期(4~6月)の純利益が10億8,800万クローナ(1億2,200万ドル)となり、前年同期比23%減少したと発表した。米国の建設事業で約5億2,000万クローナの評価損を計上したことが響いた。 売上高は5%減の425億1,800万クローナ。…

関連国・地域: スウェーデンポーランド米国
関連業種: 建設・不動産電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

スウェーデン議会、首相信任決議を再び否決(12/17)

スウェーデン議会、新年度予算案を可決(12/14)

マドリード、旧式車両を一時的に通行禁止に(12/14)

欧州、ノルドストリーム2の敷設中止を要求(12/14)

カザフテレコム、Kセルの株式75%を取得(12/13)

家具イケア、台湾で新店舗が着工(12/13)

ABB、日立との事業巡る協議認める(12/13)

スカニアなど、LNGトラックの普及に意欲(12/13)

ABB、越にロボット技術センター開設(12/12)

ダンスケ銀、スウェーデンの年金事業を売却(12/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン