スケルトン、タリンから独東部へ工場移転

ウルトラキャパシターを手掛けるエストニアのスケルトン(Skeleton)・テクノロジーズは、首都タリン近郊のビームシ(Viimsi)からドイツ東部ドレスデン東郊のグロースレールスドルフ(Grossroehrsdorf)への工場移転を進めている。タービ・マディベルク最高経営責任者(CEO)の…

関連国・地域: ドイツエストニア
関連業種: 自動車・二輪車電機その他製造建設・不動産運輸雇用・労務社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

外部委託ISS、向こう2年で10万人整理へ(12/11)

EUの航空旅客数、昨年は7.3%増加(12/10)

エアビー、エストニアで家主収入を自動報告(12/07)

プラハ地裁、タクシファイの操業を一時停止(12/06)

EU財務相理事会、金融規制の改革案で合意(12/05)

ダンスケ銀、資金洗浄法違反で検察が起訴(11/30)

ダンスケ銀の内部告発者、議会で証言(11/20)

タリン工科大、自動運転バスを開発(11/19)

ユーロ圏インフレ率、10月は改定値も2.2%(11/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン