カタール航空、露ブヌコボ空港の株式取得へ

カタール航空が、モスクワ郊外にあるブヌコボ(Vnukovo)空港の株式25%の取得に動いている。デューデリジェンス(買取事前調査)終了後に、覚書(MOU)を交わすもようだ。アクバル・バケル最高経営責任者(CEO)の話として、スプートニクが17日伝えた。 それによると、大手…

関連国・地域: ロシア中東
関連業種: 金融運輸マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

スイスの建材シーカ、ロシア中部に新工場(10/19)

ポーランド、ロシア国境付近に新運河建設(10/19)

ユニリーバ、第3四半期は3.8%増収(10/19)

クリミアの学校で生徒が銃撃、19人死亡(10/19)

ノバテクなど、独でLNG積み替え基地建設(10/18)

PGNiG、米産LNG輸入契約で最終合意(10/18)

クリミア、シリアと貿易関係強化へ(10/17)

非現金決済、最も多いのはスウェーデン(10/17)

香港市民の新興旅行先、モスクワが1位に(10/16)

バイヤスドルフ、新CEOにドロエケル氏(10/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン