アクゾノーベル、第2四半期は10%減益

オランダの化学大手アクゾノーベルは18日、第2四半期(4~6月)の純利益が2億7,100万ユーロとなり、前年同期比10%減少したと発表した。為替差損が逆風となったほか、船舶・保護コーティング事業の不振などが響いた。 売上高は3%減の24億4,600万ユーロと、市場予想を下回っ…

関連国・地域: オランダアジア米国
関連業種: 化学その他製造金融運輸小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

フランス、デジタル課税を来年1月に導入(12/19)

ルノー・日産・三菱、蘭で2日間の会合(12/19)

BYD、ハンガリーで電気バスを初納入(12/18)

エニ、メキシコ湾の権益をカタール社に売却(12/18)

ユーロ圏貿易収支、10月は黒字縮小(12/18)

決済システムPSP、マスターカードと提携(12/18)

ガスプロム、伊藤忠とバルト海LNGで覚書(12/17)

ユニリーバ、越国家監査部が法人税追徴提案(12/17)

ユーロ圏求人率、第3四半期は2.1%で横ばい(12/17)

ナイジェリア、英シェルと伊エニを提訴(12/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン