ポーランド政府、最高裁長官の任命を迅速化

ポーランド政府は、最高裁判所の新長官の任命を迅速化する新法案を議会に提出した。同国では先に、最高裁判所の判事の定年を引き下げる新法が施行され、ゲルスドルフ最高裁長官も退官を求められている。欧州連合(EU)はこれが司法の独立に反するとして是正を求めているが、同国…

関連国・地域: EUポーランド
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務政治


その他記事

すべての文頭を開く

ラトビア議会、国連移民協定への参加を否決(12/10)

PGNiG、UAEで探査・採掘権益を取得(12/10)

ポーランド新車登録台数、11月は2.1%増加(12/07)

ブルガリア、国連の移民協定不参加へ(12/06)

農機ウルスス、事業再建でCEOが辞任(12/05)

公文教育研究会、ワルシャワに教室を開設(12/05)

イケア、2030年までに温室効果ガス8割削減(12/04)

COP24が開幕、パリ協定の規定採択目指す(12/04)

ポーランドのインフレ率、11月は1.2%(12/03)

スロバキア外相、移民協定拒否を受け辞任(12/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン