KLM航空、イラン便の運航停止へ

仏蘭資本の航空大手エールフランスKLM傘下のKLMオランダ航空は7日、9月24日からイランの首都テヘランへの直行便の運航を停止すると発表した。米国のイラン核合意からの離脱表明を受け、テヘラン便の業績見通しが芳しくないためとしている。 アムステルダムからテヘランへ…

関連国・地域: フランスオランダ米国中東
関連業種: 運輸・倉庫政治


その他記事

すべての文頭を開く

日立キャピタル、自動車リース2社を統合(07/16)

シェル、カナダのLNG基地巡り投資判断へ(07/16)

オランダ上院、12市町村の合併を承認(07/13)

ユーロ圏成長予測を下方修正 欧州委の夏季経済見通し(07/13)

フィットネス機器MTG、蘭・英に現地法人(07/13)

ビトルの豪事業、IPO価格は仮条件下限に(07/12)

ウィズエアー、ルーマニアから7路線就航(07/12)

トタル、北海で15億ドル規模の資産売却か(07/11)

ユニリーバ、インドネのEC社が公式ストア(07/11)

帝人、センサスと「イヌリン」の販売契約(07/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン