電力フォータム、印南部にEV充電設備

フィンランドの電力大手フォータム(Fortum)は7日、インド南部テランガナ州ハイデラバードで電気自動車(EV)向け充電設備の運用を開始した。インド石油公社(IOC)と共同で行う試験事業で、IOCの2カ所の施設に設置した。向こう2年間で50カ所まで増やす計画だ。エコノ…

関連国・地域: フィンランドアジア
関連業種: 自動車・二輪車天然資源電力・ガス・水道社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

電力フォータム、第2四半期は29%増益(07/20)

【ウイークリー統計】第16回 物価水準と家計支出(07/19)

通信テリア、TDCのノルウェー事業買収(07/18)

ティッセンクルップ、レーナー会長が辞任(07/18)

コネとティッセンの株主、事業統合で協議(07/17)

「ノキア」ブランドの新型スマホが越で販売(07/16)

イベルドローラ、新興企業への投資が効果(07/16)

電力フォータム、印南部にEV充電設備(07/10)

欧州、各地で水不足による影響が深刻化(07/09)

スペインのCAF、バス製造ソラリスを買収(07/04)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン