中国・三峡、EDPの米再生エネ事業売却も

水力発電大手の中国長江三峡集団(CTG)は、約23%出資するポルトガル電力公社(EDP)の残り株を取得する計画の一環として、EDPの米再生可能エネルギー事業の売却を検討しているもようだ。米当局による買収承認の却下を回避するためで、既に欧州のエネルギー大手各社に打…

関連国・地域: ドイツフランスイタリアスペインポルトガル米国欧州
関連業種: 金融電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

トタル、アンゴラで海底油田開発事業を発足(11/13)

VW、リスボンにソフト開発センター開設(11/09)

【ウイークリー統計】第24回 若手農業経営者の割合と研究者の国別分布(11/08)

独ダイムラー、リスボンに技術ハブ新設(11/06)

ソジェン、ポーランド事業の売却先を決定(11/06)

ポルトガル、サーカスの野生動物利用禁止へ(11/05)

ライアンエアー、ポルトガル労組と交渉妥結(10/22)

マルタ、イタリアが拒んだ移民受け入れ(10/22)

アグリコル、ポルトガル社の株式追加取得(10/17)

ポルトガル首相、来年の総選挙控え内閣改造(10/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン