中国・三峡、EDPの米再生エネ事業売却も

水力発電大手の中国長江三峡集団(CTG)は、約23%出資するポルトガル電力公社(EDP)の残り株を取得する計画の一環として、EDPの米再生可能エネルギー事業の売却を検討しているもようだ。米当局による買収承認の却下を回避するためで、既に欧州のエネルギー大手各社に打…

関連国・地域: ドイツフランスイタリアスペインポルトガル米国欧州
関連業種: 金融電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

ルノー・日産・三菱、V2Gの独社に出資(06/28)

【ウイークリー統計】第40回 家族形態とキャンプの行き先(06/27)

EU8カ国、2030年までに石炭火力脱却へ(06/20)

投資パーテックス、タイ社が買収(06/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン