ハーレー、報復関税で一部生産を国外に移管

高級二輪車メーカーの米ハーレーダビッドソンは25日、欧州連合(EU)による関税の影響を踏まえ、国内生産の一部を国外に移管する方針を明らかにした。米国の鉄鋼・アルミニウム関税に端を発する米欧の対立の余波が思わぬ方向に広がった格好だ。BBC電子版などが伝えた。 EU…

関連国・地域: EU米国
関連業種: 自動車・二輪車食品・飲料鉄鋼・金属マクロ・統計・その他経済政治


その他記事

すべての文頭を開く

ラーブEU離脱相が辞任 メイ首相の不信任投票の動きも(11/16)

ルーマニアGDP、第3四半期は4.3%増加(11/16)

<欧州経済の潮流を読む>第8回 イタリアのEU財政ルールへの挑戦の行方(11/16)

ラトビアの新保守党、組閣を断念(11/16)

欧州新車登録、10月は7%減 主要5カ国が引き続きマイナス(11/16)

欧州議会、商用車の排出35%削減案を可決(11/16)

EU、域内通話・SMS料金の上限設定(11/16)

DSスミス、欧州委がユーロパック買収承認(11/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン