ハーレー、報復関税で一部生産を国外に移管

高級二輪車メーカーの米ハーレーダビッドソンは25日、欧州連合(EU)による関税の影響を踏まえ、国内生産の一部を国外に移管する方針を明らかにした。米国の鉄鋼・アルミニウム関税に端を発する米欧の対立の余波が思わぬ方向に広がった格好だ。BBC電子版などが伝えた。 EU…

関連国・地域: EU米国
関連業種: 自動車・二輪車食品・飲料鉄鋼・金属マクロ・統計・その他経済政治


その他記事

すべての文頭を開く

伊政府、アリタリア再建に1.6億ドル出資も(04/26)

求人検索の米インディード、愛で600人雇用(04/26)

通信機器ノキア、第1四半期は赤字拡大(04/26)

<連載コラム・欧州M&A最前線> 2019年3月の動き(04/26)

安倍首相、スロバキア訪問=歴代首相で初(04/26)

メイ首相、早期の党首不信任を回避(04/26)

スコットランド、2度目の独立住民投票も(04/26)

送電デルガズ、スマートグリッドに大型投資(04/25)

伊連立政権、経済成長策を承認も亀裂深まる(04/25)

華為、西バルカンのデジタル化ハブを開設へ(04/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン