ハーレー、報復関税で一部生産を国外に移管

高級二輪車メーカーの米ハーレーダビッドソンは25日、欧州連合(EU)による関税の影響を踏まえ、国内生産の一部を国外に移管する方針を明らかにした。米国の鉄鋼・アルミニウム関税に端を発する米欧の対立の余波が思わぬ方向に広がった格好だ。BBC電子版などが伝えた。 EU…

関連国・地域: EU米国
関連業種: 自動車・二輪車食品・飲料鉄鋼・金属マクロ・統計・その他経済政治


その他記事

すべての文頭を開く

離脱協定の大幅変更を拒否 メイ首相、野党の要望に応じず(01/21)

イタリア、社会保障と年金改革案を閣議決定(01/21)

ルノー、昨年は再び記録更新 中国2ブランド組み入れが寄与(01/21)

【今週の主な予定】1月21~25日(01/21)

ポルトガル、空港に英国人向けの特別レーン(01/21)

EU住宅価格、第3四半期は4.3%上昇(01/21)

仏政府、ハードブレグジット対策を発動(01/21)

蘭フィリップス、イングランドの工場閉鎖へ(01/21)

ユーロ圏企業投資率、23.3%に上昇(01/21)

欧州委、BASFのソルベイ事業買収を承認(01/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン