川崎重工、ABBとインターフェース開発

川崎重工業は20日、スイス・スウェーデン資本のエンジニアリング大手ABBと世界初の共通の協働ロボットオペレーティング・インターフェースを開発したと発表した。独南部ミュンヘンで開催中の国際オートメーション・メカトロニクス専門見本市「オートマティカ(Automatica)」で…

関連国・地域: ドイツスイスアジア
関連業種: IT・通信製造一般社会・事件雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

ネスレ、NZのあめブランドを売却(07/16)

欧州委、ライアンエアーのラウダ買収を承認(07/16)

ノバルティス、米の抗菌研究拠点を閉鎖へ(07/13)

ネスレ、ベトナムで「マギー」の魚醤発売(07/13)

オーバイクが破綻、欧州で自転車置き去りに(07/13)

【ウイークリー統計】第15回 旅行しない理由と人気旅行先(07/12)

重電ABB、エルステッドから大型受注(07/12)

リヒター、米国市場の不妊治療薬の権利取得(07/12)

ビトルの豪事業、IPO価格は仮条件下限に(07/12)

海運ハパックロイド、仏CMAが合併打診か(07/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン