川崎重工、ABBとインターフェース開発

川崎重工業は20日、スイス・スウェーデン資本のエンジニアリング大手ABBと世界初の共通の協働ロボットオペレーティング・インターフェースを開発したと発表した。独南部ミュンヘンで開催中の国際オートメーション・メカトロニクス専門見本市「オートマティカ(Automatica)」で…

関連国・地域: ドイツスイスアジア
関連業種: その他製造IT・通信マクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

ネスレスキンヘルス、マ・KLに拠点開設(01/24)

ボルボ、NTUと自動運転電気バス開発(01/23)

ネスレスキンヘルス、投資2社が共同応札も(01/23)

金融UBS、第4四半期は黒字復帰(01/23)

人材競争力調査、今年もスイスが世界首位(01/23)

スイス南西部の2州で雪崩、2人死亡(01/22)

財務省、独大手2行の合併シナリオ精査か(01/18)

プラスチック廃棄物除去のアライアンス始動(01/18)

スイスとオーストリアで雪崩、1人死亡(01/17)

物流DSV、スイスのパナルピナに買収提案(01/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン