仏下院、国鉄改革法案を最終承認

フランスの国民議会(下院、定数577)は13日、フランス国鉄(SNCF)改革法案の最終案を452対80の賛成多数で可決した。14日には元老院(上院、定数348)もこれを承認しており、マクロン大統領の重要政策の一つである国鉄改革が実現することになる。ザ・ローカルなどが伝えた。 …

関連国・地域: フランス
関連業種: 運輸マクロ・統計・その他経済雇用・労務社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

露、欧州の対イラン貿易支援機関に参加も(07/19)

眼鏡ルクソティカ、蘭同業と買収協議(07/19)

金融監督当局、台湾とフィンテック協定締結(07/19)

G7、リブラへの懸念表明 金融システムに「深刻なリスク」(07/19)

ドルジ環境相、公費利用巡る批判受け辞任(07/18)

自動車ルノー、中国の江鈴汽車とEV合弁(07/18)

日揮、トタルのLNGプラントの設計受注(07/18)

仏議会、ノートルダム大聖堂の再建法案可決(07/18)

メルケル氏、モルドバ首相の歓迎式でも着席(07/18)

ルノー世界販売、6.7%減少 欧州以外が不振=上半期(07/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン