独政府「自動車業界は国益」 米の輸入車への高関税示唆に反発

トランプ米大統領が輸入車に高関税を課す可能性を示唆していることを受け、ドイツ政府は自国の自動車産業を国益として守る姿勢を打ち出した。アルトマイヤー経済相の議会での演説を元に、ブルームバーグが13日伝えた。 同相は「ドイツの自動車産業は経済の中核であり、同産業が世界…

関連国・地域: ドイツフランスEU米国
関連業種: 自動車・二輪車鉄鋼・金属マクロ・統計・その他経済政治


その他記事

すべての文頭を開く

メイ首相、打開策求め奔走 EU側の首脳陣と相次ぎ会談(12/12)

【欧州企業よもやま話】第269回:ヘラー 次世代車の未来照らす(12/12)

ダンスケ銀、スウェーデンの年金事業を売却(12/12)

EV電池調達に200億ユーロ ダイムラー、2030年までに投資(12/12)

フォード、欧州事業の再編に着手(12/12)

米金属部品タワー、欧州事業をFSDに売却(12/12)

ポーランドの貿易収支、1~10月は赤字転落(12/12)

ZEW景気期待指数、12月は改善(12/12)

BDI、企業に合意なし離脱の備え呼び掛け(12/12)

カールツァイスメディテック、9%増益(12/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン