ロールス・ロイス、エンジン問題が拡大

英航空エンジン大手ロールス・ロイスは11日、米ボーイング「787」に使われているエンジンに耐久性の問題が発覚したと発表した。ボーイングの協力を得て問題の程度を確かめる検査を実施することで、関連当局と合意している。 問題のエンジンは「トレント1000」の「パッケージB」1…

関連国・地域: 英国米国
関連業種: 製造一般雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

TPV、BMWにトレーリングアーム供給へ(06/25)

マドリードに人工ビーチ出現へ(06/25)

エアバス、英で生産停止も 合意なしのEU離脱で事業見直し(06/25)

バンシの合弁、加でガス導管の敷設受注(06/25)

AIG、ミュンヘン再保険の英生保事業取得(06/25)

ユニリーバ、インドネでスプレッド事業売却(06/25)

HSBCのペイミー、香港で上限額引き上げ(06/25)

カジノとロレアル、パリに新美容ストア開設(06/25)

ロンドンで「ジャパン・ハウス」が開館(06/25)

石油オケア、タイ社が出資へ(06/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン